• ホーム
  • テニュアトラック普及・定着事業概要
  • 卓越研究員事業概要
  • 研究者紹介
  • 研究成果
  • お知らせ
  • イベント
  • 公募情報

お知らせ

  • ホーム>
  • お知らせ>
  • [2014.04.11] 前田慎市助教(理工研・機械)が、第23回日本航空宇宙学会奨励賞を受賞しました

[2014.04.11] 前田慎市助教(理工研・機械)が、第23回日本航空宇宙学会奨励賞を受賞しました

2014.04.11

テニュアトラック教員の前田慎市助教が、下記の論文業績に対して、第23回 日本航空宇宙学会奨励賞を受賞しました。

B【テニュア・前田慎市助教】第23回 日本航空宇宙学会奨励賞(賞状&盾)

Maeda, S., Kasahara, J., Matsuo, A. & Endo, T., Jiro “Analysis of thermal efficiency of non-compressor type pulse detonation turbine engines, ” Transaction of the Japan Society for Aeronautical and Space Science, Vol. 53, No. 181, pp. 192-206, 2010. 

推薦理由:本論文では、パルスデトネーションタービンエンジン(以下、PDTE)の熱効率実証が極めて精緻な実験手法によって報告されている。渦電流式変位センサによるPDTEシステムのタービン回転数計測を世界で初めて行い、間欠的なデトネーション波伝播による非定常な燃焼ガス流動とタービン回転数の振動による断熱効率の低下を直接的に説明した。燃焼ガス流動とタービン内部流を単純化した物理モデルを構築し、これまで未解明であったPDTEシステムの低熱効率(1%~5%)の原因を解明し、さらに高熱効率化への方針を提案している。本論文は、工学的な実証実験および理論構築による物理的解釈の両方が精緻になされており、論文としての完成度が非常に高い。よってここに論文賞に推薦する。

”35歳未満の若手研究者”に対して毎年1~3名に授与される賞です。                               前田助教の本論文は、独創性と発展性に富む業績をあげたことが高く評価され、わずか2名の受賞者のうちの1名に選ばれました。

 ■ 受賞の詳細は 日本航空宇宙学会「学会賞 第23回(平成25年度) 受賞者一覧」のホームページ にて

 

■ 前田助教の研究成果「受賞」等については こちら

■ 前田助教に関する詳細は こちら

このページの上へ ▲