埼玉大学

国際交流

  • Home
  • 国際交流
  • 文化紹介:全学留学生会企画!イフタールの集い Cultural Introduction: ISSSU Iftar

文化紹介:全学留学生会企画!イフタールの集い Cultural Introduction: ISSSU Iftar

2016年07月08日(金) | お知らせ

全学留学生会は、イスラム教の信者たちがラマダン(断食月)に実践している夕べの集いであるイフタール(その日の断食を終え、食事を取る儀式)を、6月30日(木)に本学国際交流会館集会室で行いました。埼玉大学においては、はじめて、日本人学生を含む、イスラム教徒以外の学生の積極的参加があり、食事の前には、イスラム教と教徒たちのライフスタイルについての紹介も行われ、有意義な会となりました。
テーブルには、ビリヤーニ、チキンカレー、フライドチキン、野菜ロールなど、見るからにおいしそうな食事が並びました。これらのメインディッシュはイスラム教徒の学生たちが、そして、飲み物や果物はイスラム教徒以外の学生たちが準備を手伝いました。イスラム教徒の学生にとっては、自分たちの文化を非イスラム圏の学生たちに紹介できたこと、また非イスラムの学生にとっては、ラマダンとイスラムについて学ぶことができる良い機会となりました。

An Iftar party (a religious event of breaking fast during the month of Ramadan) was organized by ISSSU (International Student Society of Saitama University) on June 30, Thursday at International House meeting room of Saitama University. This is the first time in Saitama University, where a handsome number (more than 40) of Muslim and non-Muslim students including Japanese students enjoyed a religious event together. There was a short lecture on Islam and the lifestyle of Muslim, prior to the dinner.

At the time of fast breaking, delicious foods were served to all. Main dishes like, curry rice, chicken curry, chicken fry, vegetable rolls, etc. were prepared by Muslim students, whereas juices, drinks and fruits were shared by non-Muslim participants. It was a great opportunity for Muslim students to represent their religion and culture in front of non-Muslim students, as well as non-Muslim students got the chance to learn about Ramadan and Islam.