埼玉大学

国際交流

  • Home
  • 国際交流
  • JST「さくらサイエンスプラン」活動報告書掲載のお知らせ

JST「さくらサイエンスプラン」活動報告書掲載のお知らせ

2016年01月21日(木) | お知らせ

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)による「日本・アジア青少年サイエンス交流事業」(さくらサイエンスプラン)に採択され、実施された事業の活動報告書が下記サイトに掲示されています。

さくらサイエンスプラン公式ホームページ http://ssp.jst.go.jp/report2015/index.html
Facebook「さくらサイエンスプラン応援サイト」 https://www.facebook.com/sspjapan

この事業は、優秀なアジアの青少年が、日本を短期に訪問し、未来を担うアジアと日本の青少年が科学技術の分野で交流を深めることを目指します。そしてアジアの青少年が日本の最先端の科学技術への関心を高め、日本の大学・研究機関や企業が必要とする海外からの優秀な人材の育成を進め、もってアジアと日本の科学技術の発展に貢献することを目的としています。

埼玉大学からは、第一回「植物の網羅的転写制御因子発現抑制ラインCRES-Tをもちいた植物転写制御機構解析技術の学習と共同研究への展開」(西山佳孝教授)、「東南アジアバイオマス資源の有用活用と環境保全の取り組み」(高木 優教授)、第二回「インド工科大学ムンバイ校と埼玉大学による次世代科学技術社会共創若者ネットワークの創成」(森安裕二教授)、「大気汚染粒子に対する分析、解析手法の習得とベトナムハノイにおける汚染現状の把握」(関口和彦准教授)、第三回「先端ロボットの製作とプログラミングを通したSTEM教育」(野村泰朗准教授)、「日本型STEM教育の内容と方法に関する先進的実践研究のハンズオン型研修」(野村泰朗准教授)が採択され、活動報告書が、事業終了約2ヶ月後に上記にて見られることになっています。

興味がある方は是非ご覧下さい。