埼玉大学

国際交流

住居

留学生の住居について

埼玉大学には外国人留学生等が居住するための施設として、「国際交流会館」があります。
しかし、現状では留学生全員を収容することができないため留学生の約3分の2は、
アパート等の住居を自分で探さなくてはなりません。

  • 国際交流会館に住む
  • 民間アパートに住む

国際交流会館に住む

国際交流会館

国際交流会館の入居者の募集は、7月(10月入居)および1月
(4月入居)に行います。
入居を希望する人は、所属する学部の事務室に申し出てください。
なお、部屋数が限られているため、申請しても入居できないことも
あります。入居期間は1年以内です。

国際交流会館

民間アパートに住む

日本では多くの場合、アパート等契約時に「連帯保証人」を必要とします。
連帯保証人とは借主(ここでは留学生)と連帯して貸主への債務を負担する人のことで、日本では家族に連帯保証人を依頼するのが一般的です。自分で連帯保証人を探すことが難しい留学生は、埼玉大学に連帯保証人を申請してください。埼玉大学が連帯保証人となれる期間は、学籍の有効期間内のみです。
卒業・退学・除籍等により学籍がなくなる際は連帯保証も解除となりますのでご注意ください。

申請条件

1. 埼玉大学に正規生として在学するもの。
2. 在留資格「留学」であり、「留学生住宅総合補償(1年間:4,000円、2年間:8,000円)」に加入できるもの。
3. 授業料の未納がないこと。
4. 誓約書に記載されている内容を遵守できるもの。
5. 契約書の連帯保証人に関する条項に代わって、アパート入居保証書を承諾できる家主、管理会社の物件であること。
6. 契約物件が埼玉大学からおおむね2km圏内であること。
7. 同居人が外国人の場合(兄弟姉妹も含む)には、在留資格「留学」のものであり、かつ留学生住宅総合補償に加入しているものであること。

申請方法

1. アパート契約に際し、連帯保証人として大学の機関保証を利用したい旨を不動産業者に伝える。
2. 国際室に契約書、学生証、在留カードを持参し、機関保証の申請書を記入・提出する。
  その後、留学生カウンセラーの面接を受ける(カウンセリング受付時間 12:00〜16:00)
3. 面接終了後、コンビニエンスストア(ローソン)にて保険料を支払う。
4. レシートを国際室に持参する。
5. 2〜3日後、国際室にてアパート入居保証書と契約書を受け取り、不動産業者へ持参する。