background image
地圏科学研究センター > 年報 > 第7巻
3.4 平成 1 9年度の実施内容及び成果
本プロジェクトの平成 19 年度の実施内容をまとめると次の表のとおりである。
平成 19 年度テーマの実施内容
研 究 テ ー マ
全 体 目 標
平成 19 年度の実施内容
国際共同研究の実施
地圏科学に関する国際
共同研究の推進
・タマサート大学との廃棄物処分場からの
地盤汚染の共同研究の実施
・ミャンマーの地下水資源開発と管理シス
テムの共同研究の実施
・東ティモールの斜面崩壊の特性把握の共
同研究
・バングラデシュ工科大学とのアドベの物
性特性と動的性状の共同研究の実施
・ フィリピン・タイなどとの拠点大学交流
を通じた環境インパクトに対する社会基
盤の安全性向上に関する研究
国際高等工学教育支
援、
セミナーの開催等
アジア地域の地圏科学
に関する教育支援・研
究指導、
国際的なセミナーの開
催、共同研究成果の発
・ 東ティモール国立大学工学部支援プロジ
ェクトに協力支援
・ タマサート大学と国際交流セミナー「ア
ジアにおける環境調和型社会基盤開発を
目指して」の開催支援(10 月 29 日~11
月 6 日)
・環境社会基盤連携大学院プログラムでタ
マサート大学と学生交流をタイで実施支
援(1 月 28 日~2 月 1 日)
・タジキスタン工科大学での土構造遺跡に
関する講義
遠隔講義・会議ネット
ワークの構築
ISDN やインターネッ
トを用いた遠隔講義・
会議のネットワークの
構築
・1 月 29 日にタマサート大学にインターネット回線
により遠隔講義を送信
・3 月 6 日にタマサート大学と遠隔会議を実
JICA プロジェクト
等への協力
国際支援国家プロジェ
クトへの協力
・東ティモール国立大学工学部支援プロジ
ェクトに短期専門家の派遣(9 月 9 日~10
月 7 日)
・東ティモール国立大学工学部教官の修士
課程学生の指導
3.5 平成 19 年度発表論文
• Lourenco Soares: Actual condition and characteristics of slope failure in East Timor
by multivariate statistical analysis, Master s Thesis of Saitama University, 2007.
• Ali, M.M.Y. and Kuwano, J., Mechanical properties of old loam soil taken from
old highway embankment, Proceedings of 9th International Summer Symposium,
Yokohama, pp.163-166, 2007.
Prev.
Next