教育学部

教育・研究

Faculty Development

 教育学部では、学部長の補佐体制である学部運営企画室にFD委員会をおき、FD活動を展開しています。教育学部には、教育実習・介護体験指導をはじめとし、附属学校園との連携協力など、教員一人ひとりの研究領域や教育課題にかかわらず全員が教員養成にむかってとり組むという独特の課題があります。教育学部の授業改革のための組織的な取り組みとして以下の活動を行っています。

◎ 新任研修会
◎ 学生の授業評価分析
◎ 付属学校園との連携のためのICT講習会

 こうした活動を通じて、専門分野がバラバラな学部教員の中に、講座横断的な関係性が生まれ、学際的な研究教育テーマが創造されるきっかけになったり、着任早々から、附属学校園と連携した教育研究活動に積極的にとりくむ活動が生まれたりという成果をもたらしています。

新任研修会

 教育学部には、出身大学・学部が広範囲で、多様な研究領域にちらばる新任教員が赴任してきます。そのため、教育学部の教育・研究活動の基本を認識していただく新任者研修会が毎年度開催されています。
 新任研修会では、教員養成に特化した学部の方向性、教育実習・介護体験実習のほか、さまざまな教員養成プログラムの説明、各種委員会の活動とその意義、学部の履修規程などについて、それぞれの学部担当者から説明を受けます。また、大学教員として処理しなければならない諸実務の流れと処理について事務サイドからの説明もあります。初日の研修会の夜には、新任教員を囲む懇談会が開催され、研究課題やこれまでの教育経験などについて交流がおこなわれます。
 さらに、2日目には、一日かけて、4つある附属学校園の訪問を実施します。ぞれぞれの附属学校では、附属学校の歴史、教育目標の説明、附属学校教職員の紹介の後、施設見学を行います。

学生の授業評価分析

 埼玉大学では、前期・後期の両学期末に学生による授業評価を行っています。学生には遠慮なく評価や意見を述べてもらうため、無記名で実施していますが、受講者数の極端に少ない授業科目の場合、無記名であっても回答者が特定される可能性があるため、授業評価は行っていません。
 この学生による授業評価を各授業科目ごと、さらには教育学部全体として集計しています。各教員は、担当の授業科目における「学生による授業評価」の結果を受け入れて、来年度にフィードバックするための改善が求められます。

埼玉大学全体の学生評価報告書は以下のリンクからご覧いただけます。
授業評価報告書(埼玉大学教育推進室のホームページに繋がります。)

附属学校園との連携のためのICT講習会

 附属学校と教育学部を接続するICT教育システムの構築とICT人材育成のため、平成24年10月5日(金)13:30から、プラズマディスプレー型の電子黒板の利用方法の研修会が開かれました。講師として、パイオニアの専属インストラクタから、約2時間基本操作と授業での利用に関する質疑応答を受けました。
 60インチの電子黒板が2台、プロジェクター型の電子黒板が1台、iPadが15台導入され、授業・講義での利用が期待されます。
 また、同じ機種(プラズマディスプレー型電子黒板3台、プロジェクター型電子黒板5台、iPadが45台)が附属小学校にも導入され、附属小学校で教育実習をうける学生については、これらの機器を使った授業を経験してもらいます。このように附属学校園との連携から、ICT教育活用できる人材の養成を目指します。

サンプルイメージ サンプルイメージ

教育学部TOP
  • 学部案内
  • 教育・研究
    • 特色ある大学教育
    • 教員の研究活動
    • Faculty Development
    • 教育学部紀要
    • 附属施設・学校園
  • 受験生のみなさんへ
  • 在学生のみなさんへ
  • 卒業生のみなさんへ
  • 教育学研究科TOPへ
  • 付属小学校
  • 付属中学校
  • 付属特別支援学校
  • 付属幼稚園
  • リンク集
埼玉大学共通メニュー
受験生・入学を考えている方
在学生のみなさん
卒業生のみなさん
地域社会・一般の方
企業・研究者の方
  • 大学案内を見る
  • 埼玉大学の教養教育
  • ユニークな英語教育