教育学部

課程・専修紹介

サンプルイメージ


美術専修

世界がちがってみえてくる

美術専修は絵画、彫刻、デザイン、工芸、美術教育の5つの分野から構成されています。1・2年次ではこれら各領域を全て学 び、美術表現の多様な豊かさを体得し 、同時に美術教育の意義とその可能性についても深めます。3年次は個々の研究分野を見定め始める時期であり、より深く追求します。4年次は、専門を決定し、大学で学んだことの全てを卒業研究(作品もしくは論文)に集大成させる一番大事な一年です。4年間を通して、本専修学生は美術表現の幅広さと奥深さ、そして美術を礎とした 教育の意義を深く知ることになります。卒業後は、小、中、高校などの教員になる者が多数ですが、大学院への進学(修士課 程・博士課程)や、社会の多様なフィールドで活躍している者もいます。

主な授業科目
教職入門、美術科指導法、絵画基礎実技、絵画応用実技、彫刻基礎実技、彫刻応用実技、ベーシックデザイン、視覚伝達デザイン、空間デザイン、工芸基礎、工芸研究、美術史概論、日本美術史、 西洋美術史 、東洋美術史 、造形芸術学概論、ミュージアム・コラボレーション等

美術 授業

明日は講評会、自分を信じて(工芸)

教育実習前の図画工作科の模擬授業

美術 制作展 美術 コラボ

卒業制作展(絵画講評会)

地域連携科目のミュージアム・コラボレーション(埼玉県立近代美術館にて)

美術 彫刻 美術 作品

ドロドロ ペタペタ(彫刻)

より高く より広く より長く(デザイン)

専任教員 担当分野 ホームページ等
吉岡 正人 絵画(油彩・テンペラ)
小澤 基弘 絵画(油彩・アクリル) HP
石上 城行 彫刻
高須賀 昌志 デザイン HP
横尾 哲生 工芸(木工芸) PDF
池内 慈朗 美術教育学  
内田 裕子 美術教育学  

こんな授業・こんな研究

美術 実習

美術館での教育活動

 美術専修では、学内での実習や講義のほかに様々な地域での美術に関わる教育活動を展開しています。中でもミュージアムコラボレーションは、埼玉県立近代美術館と連携して開設している授業で、1年間美術館の教育普及事業にスタッフとして参加させていただき、計5回程の学生企画によるプログラムも実施しています。学生たちは作品調査や、会話の組み立てなどの準備を重ねながら、子たちと美術の出会いについて真剣に考えます。時には議論が白熱して脱線することもありますが、1年間の授業を終えるころには、みな自分の言葉で美術を語り、堂々とプログラムを運営できるスキルを身につけていきます。このように美術専修では、広く社会を見据えた美術教育の在り方について考え学びがたくさん用意されています。あなたも美術専修で美術教育へ真剣に取り組んでみませんか。
(池内慈朗 教授)

在学生の声

美術 学生

渡部 美緒
美術専修 3年

 美術専修に入ったらずっと制作ばかりなのかと思っていましたが、実際は(もちろん制作もしっかりやっています!)教育に関する様々なカリキュラムが用意されていました。中でもミュージアムコラボレーションや刃物旅行など、地域社会に出かけていく活動では、教室では得られないリアルな美術との出会いがあり、美術と人を繋ぐことの難しさと大切さを実感させられます。私はまだ、将来どのような道に進むか未定ですが、美術専修での体験によって着実に成長しているように感じています。

教育学部TOP
  • 学部案内
    • 学部紹介
    • 課程・専修紹介
    • 教員紹介
  • 教育・研究
  • 受験生のみなさんへ
  • 在学生のみなさんへ
  • 卒業生のみなさんへ
  • 教育学研究科TOPへ
  • 付属小学校
  • 付属中学校
  • 付属特別支援学校
  • 付属幼稚園
  • リンク集
埼玉大学共通メニュー
受験生・入学を考えている方
在学生のみなさん
卒業生のみなさん
地域社会・一般の方
企業・研究者の方
  • 大学案内を見る
  • 埼玉大学の教養教育
  • ユニークな英語教育