オープンイノベーションセンター概要

センター長挨拶

オープンイノベーションセンター センター長/知的財産部門長 松岡浩司

オープンイノベーションセンター センター長/知的財産部門長 松岡浩司

センター長挨拶

 オープンイノベーションセンター(Comprehensive Open Innovation Center; COIC)は、埼玉大学研究機構の傘下に設置されております。COICの前身となる地域共同研究センターが埼玉大学の持つ研究成果を速やかに社会に発信し還元することを目的として平成6年に設置されました。その後、平成20年にはセンター機能の見直しを行い、名称も目的と業務に合わせて地域オープンイノベーションセンターへ改称、平成24年4月からはオープンイノベーションセンターに名称変更しております。グローバルな競争の中で次世代を牽引するイノベーションを広く創出するための中核機関の役割を担うことを目指した活動が、埼玉県、さいたま市をはじめとする地域密着型を基軸にしながら継続されております。さらに、平成28年度より設置された先端産業国際ラボラトリーとの連携を強化し、産学官連携のより一層の強化に取り組んでまいります。
 オープンイノベーションセンターの業務を実施するために、産学官連携推進部門と知的財産部門を置き、技術的課題解決に向けた窓口としての技術相談への対応、産学官共同研究の推進、大学における知的財産の創出、取得、管理、社会への還元などさまざまな活動を推進しています。また、埼玉大学産学官連携協議会との協働による地域や産業界との連携事業では、産学交流会テクノカフェの開催、異業種交流(工場見学会)の実施、科学分析支援センターへの依頼分析の受託、ニュース配信を通じた会員の皆様への情報提供など、実利と適時性のある活動を進めています。
 これからも埼玉大学の知的資産を広く社会の発展に役立てるため、企業のニーズを意識した研究成果の公開とマッチングを積極的に働きかけてまいります。利用しやすいセンターを念頭におきながら、価値ある活動に邁進してまいりますので、皆様のご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。

概要
オープンイノベーションセンターについて
沿革
センター長挨拶
センター客員教授紹介
センター教員紹介
アクセス
オープンイノベーションセンター年報
  • 埼玉大学産学官連携協議会
  • 大学間連絡会
  • アクセス

ページのトップへ