CALLで着実にTOEICのスコアがアップします!!!

以下のデータをご覧ください。
これは、平成20年度に入学した学生で、CALL1a と CALL1b を履修し、全てのCALLの試験(合計4回)及びTOEIC(IP)試験(入学時及び1年学年末の合計2回)を受験した1,532人のデータを元に、CALLの学習とTOEICのスコアとの関連を分析した結果です。

下のグラフから、CALLの授業を真面目に出席した学生ほど、TOEICのスコアが確実に伸びていることがわかります。




また、下のグラフは、CALLの実力試験とTOEICスコアUPとの関連を示したものです。CALLの実力試験は、学期の中間と最後に、学習した5レッスンの350題からランダムに出題される試験です。時間をかけて、真面目にCALLを勉強した学生でないと、実力試験での高いスコアの獲得は不可能です。このグラフからも、CALLの学習とTOEICのスコアUPが密接に関連していることがわかります。



©2013 Saitama University Center for English Education and Development. All rights reserved.