――化学反応――                       前に戻る

Q206 チオ硫酸ナトリウムや亜硫酸カルシウム,アスコルビン酸を用いて
@次亜塩素酸ナトリウム水溶液 A次亜塩素酸カルシウム水溶液 を中和する際の反応.


Q202 「スライム電池」の原理.

Q200 SO2の実験的製法と希硫酸の反応性について.

Q199 酢酸溶液中における酸の水平効果について.

Q198 ワイヤー放電加工機を利用したときに発生する水色の物質の正体と発生の予防策について

Q197 イオン化傾向を定量的に論じる方法.

Q196 pH=8の塩酸が存在しない理由.

Q195 pHの異なる2つの物質をを混合させた時のpH.

Q193 中和滴定の当量点を見つける方法とpHジャンプ.

Q189 過マンガン酸カリウムと過酸化水素の酸化還元滴定で,塩酸が利用できない理由.

Q185 水酸化マグネシウムがpH12以上で沈殿する理由.

Q184 井戸水の成分を簡単に調べる方法.

Q182 亜鉛に塩酸を加えると亜鉛の重さが増加した理由.

Q181 酢酸が弱酸であることを実験で確認する方法.

Q178 過酸化物価を求める式(Wheeler法)の原理と意味.

Q177 pH=-log(0.01×1.75×10−5)/2の計算.

Q175 レモン電池の電流を効率よくする方法.

Q174 炭酸カルシウムで酸を中和できる理由.

Q172 炭酸塩と硫酸塩の溶解度について.

Q171 過マンガン酸カリウムを用いて未知濃度の還元剤(過酸化水素水)の濃度を求める実験.

Q170 @硫酸銅CuSO4水溶液と鉄A硫酸鉄FeSO4水溶液と銅B硝酸銀AgNO3水溶液と銅C酢酸鉛Pb(CH3COO)2水溶液と亜鉛のイオン反応式.

Q168 ブランクテストの意味とその必要性.

Q164 炭酸水素ナトリウムの膨張.

Q162 AgNO3(硝酸銀)にNH4Cl(塩化アンモニウム)水溶液を加えたときの反応.

Q159 BTB液の作り方,BTB液の代用ができる試薬について.

Q158 塩化金酸に水酸化ナトリウムを過剰に加えたときに発生した沈殿物.

Q155 食塩水を吸い込ませたろ紙にスチールウールをのせてヨードチンキを数滴たらすと電気をとりだせるしくみ.

Q154 アンモニアの乾燥剤に,濃硫酸が用いられない理由.

Q152 酸性にした塩化鉄(V)を加えて塩化スズの色を変えたときの反応.

Q150
@p-ニトロフェノールとo-ニトロフェノールの違い.
Ap-ニトロ-NN-ジエチルアニリン,p-ニトロフェノール,フェノールフタレインの色の変化.


Q143 液安に金属ナトリウムを入れたときの反応.

Q142 メタノール,1−ブタノール,ジエチルエーテルの液性と,融点,有機溶媒との関係.

Q141
@黒くなった銀指輪を元に戻す反応.
A硫酸鉄(V)に銀片を入れたら銀片の重さが半分になった理由.


Q136 沈殿滴定の終点検出方法の特徴.

Q135 身近なものでできる中和反応.

Q132 オキシドールやエタノールで脱色する理由.

Q131 塩化ナトリウムの溶解熱を示す化学反応式.

Q130-d C硫酸とチオ硫酸の酸性.

Q130-c Bフッ素のオキソ酸はHOFしか存在しない理由.

Q130-a @希薄溶液のpHの求め方.

Q129 中和反応の実験で,無水硫酸銅に,@純水,A酢酸,B水酸化ナトリウムを加たときの変化. [2004/7/29]

Q126 鉄板を硫酸銅(II)水溶液にひたした後の濃度の変化.

Q125 高分子電解質と低分子弱酸のpHの計算.

Q123 酸化銅から酸素を取り除く方法.(Q&Aの指摘)

Q121 酸性度(酸解離定数)について.

Q119 王水がビーカーや試験管のガラスを溶かさない理由.

Q118 水酸化ナトリウム水溶液の性質.

Q117
@シュウ酸ナトリウムを用いて過マンガン酸カリウムの濃度を調べる.
A過マンガン酸カリウムを用いて塩化スズ(U)の濃度を調べる.


Q116 (NH4)2CO3が塩酸と中和反応を起こす理由.

Q114 塩酸と炭酸カルシウムの反応における反応物と生成物との間の物質量の関係.

Q113 塩化銀が含まれる溶液と大過剰の塩酸との反応.

Q111 @0.1 mol/Lの水酸化ナトリウム,塩酸,酢酸のpHの計算.A紫キャベツの色素の分子とは

Q107 H2SO4に @NH3を加える.ABa(NO3)2を加えたときの反応.

Q100 硝酸銅を用いた実験.

Q95 水酸化ナトリウム,酢酸,塩酸のpHを求める計算.

Q94 無水硫酸銅に水を加えると発熱する理由.

Q92 水酸化ナトリウムの濃度と二酸化炭素の吸収量の関係.

Q91 化学ポテンシャルおよび電気化学ポテンシャルの概念.

Q90 アルカリイオン水にお酢を足して飲む.

Q89 pHを算出する時に使われるtillmanの式の展開.

Q82 井水に含まれる,フミン酸の色度を除去する方法.

Q78 分子軌道法による一酸化窒素のNO結合についての説明.

Q76 pHについての計算 その2.

Q75 pHについての計算 その1.

Q73 電子の授受における酸化と還元.

Q68 『生理的食塩水』の作り方.

Q67 TMAH(テトラメチルアンモニウムヒドロキシド):N(CH3)4OH とCO2との反応.

Q66 中和滴定の計算.

Q62 一水和物と一水塩の違い.

Q53 シュウ酸の電離度とpH, 水酸化ナトリウムのpH値.

Q50 過酸化水素分解反応における発生物.

Q48 実験器具を洗浄する際の洗剤について.

Q46 カルシウム・鉛などが強酸塩で産出する比率.

Q45 酸,塩基と塩の溶解と沈殿の関係性について.

Q44 フェノールの水溶液が酸性を示す理由.

Q35 高校化学の酸と塩基.

Q32 硫黄と鉄を混ぜて加熱したものと磁石の反応.

Q24 溶解現象について.

Q22 砂糖がお湯よりも水に溶け易い理由.

Q18 キレート滴定法で行う硬度分析.

Q17 電解水をよう素滴定法で分析する原理.

Q14 O2イオンのO−O結合の強さとO2イオンのO−O結合の強さとO2分子のO−O結合の強さ.

Q12 中学生に対する中和反応の説明.

Q11 物質が陽イオンや陰イオンになる時の要因.

Q10 塩化亜鉛水溶液に塩酸を少量加え,亜鉛板と銅板を接触させて入れて高温を保つと,銅に亜鉛が析出する理由.

Q7 硫酸銅から硫酸亜鉛七水和物を製造する際,亜鉛粉末を過剰に加えてはいけない理由.

Q4 光の吸収と反射のしくみ.

Q3 ふつうの火に水をかけるとなぜ消えるのか.

Q2 油の火に水をかけるとますます燃える理由.

Q1 なぜ油は燃えやすいのか.